「奪わずに潤う洗顔」で、肌本来の透明感を取り戻す

「奪わずに潤う洗顔」で、肌本来の透明感を取り戻す

「作りこむのではなく、素肌本来の美しさを最大限引き出す」。2019年秋誕生したGRIDは、すべての大人の女性たちに向けてメイクという行為を見直し、コスメそのものに対する新しい考え方を提示しました。

 

そして約1年の月日を経た2020年12月、新たにスキンケアラインとして、ジェントル リフレッシュ ローション・ミルククレンジングを発売。おかげさまで多くの反響をいただき、初回製造分は早々に完売、今年5月にローション、6月にミルククレンジング再販の運びとなりました。今回は、開発を手がけたGRIDディレクター・八木亮代に、2つのプロダクトとそこに込めた想いを聞きました。

 

 

 

 

スキンケアラインをスタートするにあたっての想い

 

“大人の肌の美しさに必要なのは「ツヤと透明感」”。GRIDのコンセプトを突き詰めていくと、土台となるスキンケアに行き着きます。年齢を重ねた肌もスキンケアによって、今よりもっとツヤ・透明感を引き出していくことができる、そう信じていましたし、そんな効果を得られるものをつくりたいと当初から考えていました

 

スキンケアの中でも最初にミルククレンジングとローションに着手したのには理由があります。日本で浸透している美容法は、しっかり洗ったあとに、潤いや美容成分を足していくことが多いのですが、GRIDのメソッドは、メイクや汚れはしっかり落としつつ潤いは残す「奪わずに潤う洗顔」。GRIDのコンセプトの根底にある本来自分が持っているものを活かし、いかに美しさを引き出していくかという考え方を、より体感していただけるという確信があったからです。

 

そしてもう一つ、私自身かつてミルククレンジングに変えたことで、やわらかく透明感のあるお肌に変わったのを実感していて、このときの驚きと変化を少しでも多くの方に共有したいと思いました。

 

 

 

お風呂上がりの透明感に着目

 

本来ひとの肌というのは透明で、人間の体を構成する血液や体液、タンパク質、メラニン色素といった5大色素によって色の印象が変わります。赤ちゃんのときはやわらかく透き通るようなお肌なのに、年齢を重ねていくとくすみ、透明感が失われるのはこのためです。

 

とはいえ、マッサージ後やお風呂上がりなどは、もちっとなめらかさが増したり、ほんのりピンク色になったり、くすみが抜けてパッと明るくなりますよね。大人の肌もあたたまって巡りがよくなり保湿されれば、透明感を取り戻すことができるのです。

 

今回はこの「PENTAGON(=5つの) DULLNESS(=くすみ) FACTOR(=要因)」に着目。それぞれの要因に働きかけるGRID独自の複合成分「ANTOXGL COMPLEX」を配合し、肌本来の透明感へと導く処方にこだわりました。

 

 

 

 

大人こそ、洗い流さないミルククレンジングを

 

1日の終わりにメイクを落とすことは、もはや美肌の常識。冒頭でもお話したように、しっかりクレンジングをして、そのあとにローションや美容液、クリームなどを使う美容法を実践されている方も多いと思います。今回GRIDがご提案するのは、このクレンジンクのプロセスを根本から見直すことです。

 

というのも、クレンジングは毎日必ず使うもので、乳液や美容液、クリームなどと比べても圧倒的にたくさんの量を使うアイテム。洗顔・クレンジングのプロセスで、汚れを落としながらも肌に十分な潤いや美容成分を補うことができれば、どんな高級クリームを使うよりも、美肌への最短距離になります。

 

実際にしっかり洗った肌というのは、よくみると毛穴が汚く見えてしまうんですね。これは脱脂によって潤いまで取り過ぎてしまっているから。こうなると、あとから足してもなかなか潤いにくくなってしまいます。

 

「ジェントル リフレッシュ ミルク クレンジング」は、保湿乳液をつくるような製法でつくっていて美容成分は93%以上。とろけるマシュマロのようなこだわりのテクスチャーで、お肌への優しさ、やわらかさ、潤い感はまるで保湿乳液です。くるくると優しくマッサージするように汚れを浮かせたあとに「ジェントル リフレッシュ ローション」で拭き取れば、肌はやわらかく潤いに満たされ、毛穴もキュッと引き締まって、もうこれだけで十分なくらいふんわり透明感がアップ。年齢を重ねた大人こそ実感いただけるはずです。

 

 

 

 

1日の終わりに、そして1日のはじまりにも

 

ミルククレンジングとローションは、どちらも温泉水や美容成分をたっぷり配合していて、朝晩お使いいただける処方になっているのもポイントです。

 

アンチポリューション(PM2.5や黄砂をはじめとする大気汚染物質から肌を守る)対応で、クレイ成分によりメイク汚れはもちろん、肌に付着した大気中の汚れもすっきり落とします。香りも天然のエッセンシャルオイルを配合し、深い森林の中で心も体も浄化されるよう。1日の終わりに癒やしの時間をもたらしてくれます。

 

またコスメからスタートしたブランドとして、洗うだけでなく日中も潤いに満たされ、かつ化粧ヨレを防ぐことにもこだわり、数多くの試作を繰り返した結果、絶妙な成分配合を実現しました。1日のはじまりである朝の洗顔としてもお使いいただけます。

 

まずは一ヶ月しっかりお使いいただき、お肌が見違える感動をぜひご実感ください!

 

 

「すべてはGRIDで完結する」そう信じられるものづくりを

 

綺麗になりたい、いつまでも美しくありたい、という願望は少なからず誰でももっているもの。私自身、次から次へと登場するコスメや美容法が気になって、日中のツヤアップにはデパコスのこれ、シワにはこのブランドの美容液……と、たくさんのアイテムを手にしていた時期がありました。でも使い切ることはなく、だんだんとコスメを買うこと自体がストレスになっていきました。

 

そんなとき、1本のミルククレンジングが当時の私の考えを変えました。「単純に足すのではなく、自分が持っているものに目を向けて、必要なものだけを加える」というGRIDの原点でもある考えに気が付いたのです。

 

GRIDのアイテムは決して真新しいジャンルのものではないし、最新の科学を駆使したものでもありません。メイクのラインナップも1カテゴリ1アイテムと、他のブランドから比べればとても少ないのですが、使っていただければ、自由度があっていろいろなシーンに対応できることをきっと実感していただけると思います。

 

今後もこの考え方を追求し、多くの製品をつくるのではなく「これさえあれば大丈夫」と信じられるものづくりをしていきたい。スキンケアに加え、将来的には幅広いプロダクトで「大人の美はGRIDで完成する」といえるものにしていきたいですね。

 

 

profile

八木 亮代  Akiyo Yagi

GRIDディレクター。大手製薬会社、国会議員秘書を経て美容業界へ。サロンオーナー兼エステティシャン、育成等に携わりキャリアは20年。現在GRIDディレクターとして商品開発を手がける

 

Latest Issue

Ron Herman Women’s Director Yukari Negishi

Ron Herman Women’s Director Yukari Negishi

2020.10.10

今回は、誕生当初からGRIDを愛用、店舗でも取り扱いいただいているロンハーマン・ウィメンズディレクター根岸由香里さんに、ご自身のメイク観やGRIDの魅力、おすすめの使い方などをうかがいました。

More beautiful each day

More beautiful each day

2019.11.05

GRIDの誕生秘話や「究極の素肌」「ファンデーションはつくらない」という新しいメイクの考え方、そして今後についてお伝えします。

Instagram
pagetop